業界内でささやかれている人気女優のウワサ5連発

業界内でささやかれている人気女優のウワサ

2017年も多くのドラマに出演している人気女優たちの、業界内でささやかれている評判やうわさを5連発で一気に紹介。

目次

ウワサ①:満島ひかりのウワサ

出典:www.hondana.link満島ひかり

演技力の高さが評価されている満島ひかりさん。

2010年に主演した映画「川の底からこんにちは」がきっかけとなり、監督を務めた石井裕也氏と結婚している。

しかし、2016年には石井氏と離婚。

その直後には、瑛太さんの弟で同じく俳優の永山絢斗さんとの交際報道が…。

離婚からあまりにも早い交際報道に、

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/maiku01.jpg” name=”雑誌記者” type=”l”]離婚前から交際していたのでは…?[/voice]

との憶測もあり、撮影現場や雑誌インタビューなどでは、恋愛話はご法度でちょっとピリピリ感が漂っているとか。

本人は至って自然体ながらも、事務所関係者からのガードはますます強くなるとの見方が。

ウワサ②:大島優子のウワサ

出典:akb48taimuzu.livedoor.biz大島優子

AKB48卒業後は地道に女優活動を続けており、演技力も評判も上がってきている大島優子さん。

卒業後も変わらず太田プロに所属だが、

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/reko-da.jpg” name=”記者” type=”l”]税金対策等で、どうやら個人事務所を設立している[/voice]

模様。

会社名は「株式会社ビッグアイランド」(「大島」の直訳?)で、領収書をもらう際には本人だとバレバレなんだとか。

ウワサ③:水原希子のウワサ

出典:burusuta.net水原希子

多くの女優やモデルさんが愛用しているSNS。

水原さんも主にInstagramを利用していて、プラーベート写真が満載なこともあってその人気も高いですが、それ故に炎上騒動もしばしば。。

中でも2016年に、友人が投稿したという天安門広場での“あまりよろしくない行為”の写真に「いいね」をしたことで、中国人を怒らせてしまった“事件”は記憶に新しいところ。

しかも、その火消しの仕方もよろしくなかったとか。。

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/maiku01.jpg” name=”雑誌記者” type=”l”]約5分にも及ぶ謝罪動画の中で、「私はアメリカ人とのハーフで、日本には住んでるだけ。だから許して。」とも取れる内容を発言してました。

そのことで、今度は日本からもバッシングを浴びています。

しばらくは事務所の努力もあって日本での仕事は減りそうにありませんが、ほとぼりが冷めるか新たな“事件”が勃発するか予想しづらい[/voice]

とのことで、水原さんの起用には業界内でも静観する動きが強まってきているようです。

ウワサ④:黒木瞳のウワサ

出典:natalie.mu黒木瞳

黒木瞳さんは、都内の高級ホテルから“ブラックリストを喰らっている”との情報が。

何でも、

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/reko-da.jpg” name=”記者” type=”l”]ホテルのレストランでわがままな注文が後を絶たず、断ると料理長を呼び出してまで文句に近いクレームを言う[/voice]

のだとか。

ホテル側は泣く泣く特別扱いをしてきたそうだが、限度を超えてしまったらしく“要注意人物”扱いを受けてしまっているらしい。

また、撮影現場でスタッフに対する応対もあまり評判はよろしくなく、

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/reko-da.jpg” name=”記者” type=”l”]特にADや割りと立場の低いスタッフには一切口をきかず、上役にだけ挨拶をする[/voice]

みたいで、

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/reko-da.jpg” name=”記者” type=”l”]スタッフも黒木さんをビビって、まともに目を合わせる人はどんどん少なくなってます。[/voice]

スタッフの出世や降格も激しく移り変わりやすい業界で、数年後にはその立場はどうなっているやら。

ウワサ⑤:島崎遥香のウワサ

出典:entitiesgraph.com島崎遥香

「世界美女ランキング」にも選ばれるなど、卒業後も女優業を中心に活動している島崎遥香さん。

AKB時代から“塩対応”との異名がつけられていましたが、

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/reko-da.jpg” name=”記者” type=”l”]そもそもヲタクが大嫌いで、それは本人も公言してました。
しかし、卒業してから目立つのは、彼女の“奇行”とも言える非常識っぷり[/voice]

だそう。

先日もミュージカル「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」の応援サポーターに就任したが、その会見場は冷ややかな空気だったという。

中学時代には吹奏楽部に所属していたという島崎さんは、前述の応援サポーター就任会見でサックスを持参して登場。

しかし「中学を卒業してから1回も吹いていません」と発言し、場をしらけさせていたとか。

[voice icon=”https://www.uwasaya.com/wp-content/uploads/2017/04/reko-da.jpg” name=”記者” type=”l”]司会者とは会話か噛み合わず、発言もちょっとチグハグで。。
独自の世界観やら価値観が、今後何かどこかで合うことを期待するしか…[/voice]

なさそうな雰囲気だとか。

SHARE
目次
閉じる